倉敷市で開催している無料のパソコン教室です

基礎2

基礎2 日本語入力と日記

今日の勉強

  • 日本語入力で皆さんが戸惑われている項目を中心に勉強します 
    同時に日記ソフトを使い 文字入力の練習をしてゆきましょう
    • 濁音 促音 拗音の入力
    • 記号の入力
    • ファンクションキーを使い変換する
    • IMEパッド
  • 準備
    • 自分のパソコンに教材を保存する(基礎1を受講されていれば保存されている)
    • ミニ講習会基礎教材目次から基礎2教材のページを表示する
    • 日記ソフト wDiaryを起動し タスクバーにピン留めする(支援者にやって貰ってください)(出来る人は下記の手順を参考にやってみてください)

  • 参考手順.日記ソフトのタスクバーピン留め
    • 保存した教材のフォルダーを開き wdiary130 を見つけ開く
    • その中に wdiary というフォルダーがあるので開く
    • 月をデザインしたアイコンのある wdiary と いうファイルをダブルクリックして起動する
    • タスクバーにアイコンが表示される
    • アイコンの上に マウスを置いて右クリックし タスクバーにピン留めする を選ぶ

      こうしておくと 日記ソフトを終了してもタスクバーに表示が残り 起動時はアイコンをクリックすれば良い

  1. 日記を開く
    1. タスクバーにピン留めした wDiary をクリックする

  2. 課題1
    1. こちらの資料を表示し 課題1 を日記に記入する(資料は予め印刷しておく)
    2. 促音の入力や @ 四則演算記号など キーボードから打てるようにする

  3. 課題2 記号の入力
    1. こちらの資料を表示し 課題2 を日記に記入する
    2. 日常比較的良く利用する記号 漢字入力の要領で入力する
    3. わからない場合 こちらを参照

  4. 課題3 ファンクションキー
    1. こちらの資料を表示し 課題3 を日記に記入する
    2. ファンクションキーでひらがな カタカナ 半角カタカナ 英字変換を経験する
    3. にっき と書き 確定しない状態でファンクションキーを F6からF9を押してみて 変化する事を確認する
    4. 同じファンクションキーを続けて押したらどうなるかも見ておこう

  5. 課題4 手書き入力
    1. こちらの資料を表示し 課題3 を日記に記入する
    2. 入力したい場所にマウスポインターを置き IMEパッドをクリックする
    3. 手書きを選ぶ(通常手書きが表示されるが その前に使ったところが出るので 違う場合は左のメニュー一番上を選ぶ)
    4. 課題の文字を手書きパレットの上に書き 該当する文字が表示されたら
    5. 表示された文字をクリックする
    6. 選択された文字が 選んだ場所に入力される

認証コード(4276)

a:2445 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

Ads by Sitemix